【やっと観た】ボヘミアン・ラプソディ、、感動。

スポンサーリンク




昨日、一人で観てきた。

この映画は絶対に映画館で観たかったから間に合って良かったー。

クイーンの名曲たちの誕生秘話や、裏話を知れたっていう

面白さはもちろんなんだけど、、俳優さんたちが素晴らしかった、、。

ラミマレックに関してはフレディ・マーキュリーが憑依してたべあれは。笑

細かい仕草とか、ライブ中の動きに至ってはまじで完璧だった。

表情の感じとか、手足の伸ばし方、マイクの持ち手や振り回し方、、完璧。

フレディが生き返ったかのようだった。

ものすごく研究して、稽古されたんだろうなーと感心が止まらなかったし、

ラミマレック自身のフレディへの愛を感じるほど。笑

フレディ・マーキュリーの生涯の友人、メアリー

メアリーはフレディと元々は恋仲であったけども、

フレディ自身が自分のセクシャリティに気付き、恋愛関係は終わってしまったよう。

でもその後も、親友として関係は続き

フレディがもっとも愛し、信頼した女性として映画でも描かれてました。

そんなことより、、、

このメアリー役を演じた、ルーシー・ボイントン、、、ドタイプっす。

調べたら、同い年というのを知り驚きを隠せないところでございます。

ちなみにこちらは本物のフレディとメアリー。

写真からも信頼関係が伺える気がするなー。

フレディ・マーキュリーに惹かれまくる作品でした。

映画のラストは、1985年のライブエイドでのパフォーマンスで締めくくられます。

もうこれに関しては、見たことがある映像だったのもあるし

再現度の高さやクイーンの楽曲の素晴らしさに感動してなまら泣きました。笑

これが、ライブエイドの本物の映像。必見!!

是非、映画館でやってるうちに観にいくことオススメできる作品です。

行って損なし。音楽っていいなって必ずなります。

ふぁー、頑張ろう。俺も。

んじゃ、したっけ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1994年生まれの道産子。 普段は歌ったりなんだりしてます。 やりたいことをやるため、いろいろなものに手を出し始めました。 YouTube,SNSも是非チェック!!!!! Favorite:singing/music/basketball/camera/movie...etc